オーブンにお菓子を入れて焼く時、予熱を高く設定するのはなぜですか?

こんにちは、田口です(^^)

先日、お菓子教室の生徒さんからこんな質問をされました。

『オーブンの予熱温度は、どれくらいにしたらいいですか?』と。

答えから言うと、これから焼くお菓子の設定温度より10〜20°c高めに設定しておきましょう。

そして、オーブンにお菓子を入れたら、設定温度に戻してあげるといいですね!

例をあげると

スポンジケーキの場合160°cで焼くので、予熱は180°cにしておいて、スポンジケーキをオーブンに入れたら160°cに設定し直します。

なぜ、予熱を設定温度より高く設定するのか?というと…

家庭用のオーブンは、業務用オーブンと違い庫内のサイズが小さい為、扉を開けた途端に熱が外に逃げてしまい、庫内温度が急激に下がります。

加えて、焼く前の生地も冷たい為、それも庫内温度を下げる原因になります。

これらのことから、予熱は設定温度よりも20°cくらい高めに設定するのです。

今度お菓子を焼く時は、予熱温度に気をつけて試してみてくださいね(^^)

============================
田口守お菓子教室の情報をいち早くキャッチ!
LINEの友だち追加はコチラから☆

↓ ↓ ↓
友だち追加

無料Ebook:基本のお菓子レシピ集