こんばんは!田口です。

今日はふわっふわの
別立てココアロール生地を作る
ポイントを3つお伝えします^ ^

〈結論〉
1.メレンゲを立て過ぎない。
2.生地を混ぜ過ぎない。
3.焼き過ぎない。 の3つです!!

多くの方は
メレンゲを立て過ぎる傾向があります。

では、なぜ立て過ぎてしまうのか?

立て過ぎてしまう1番の要因として
ハンドミキサーのパワーが関係します

別立てのココアロール生地を作る時
気をつけなければいけないのが

ココアに含まれる油脂で
メレンゲの気泡が潰れてしまうこと!

なので、ココアの入った卵黄生地と
混ざり易いように滑らかな
メレンゲを立てることが必要です

でも、ハンドミキサーのパワーが強いと
知らず知らずのうちに
卵白を立て過ぎてしまい

ココア生地に必要な
丁度いいメレンゲの固さを飛び超えて

ボソッとした、立て過ぎのメレンゲになってしまうので
気をつけてくださいね^ ^

メレンゲの固さは写真にある様に
ちょっと滑らかな長めのツノをイメージして
立てるといいです!!

次にメレンゲと卵黄生地を合わせたら
混ぜ過ぎない!ということ。

ココア生地を仕上げる時は
極端なことを言うと
【混ぜないこと!】が重要になります。

生地を混ぜるのではなくて
【生地を切って返す!】
というイメージかわかりやすいかな^ ^

これも写真を見て
出来上がりの生地の色を確認して
イメージを膨らませてください^ ^

最後に焼きです!!
ココア生地に限らず
下火は抑えながら焼いた方が
ふわっとした生地になります♪

その為には天板を
もう1枚重ねるのがいいですね^ ^

このポイントを掴めれば
別立てココア生地も怖くてないですよ^ ^