スポンジケーキが膨らまなかったけど、捨てるのはもったいない!と思っているあなた。

上手く膨らまなかったスポンジケーキを使ったリサイクルケーキ!

今日は、レシピ本に書いてある通りに作ったにもかかわらず、思った様に膨らまなかったスポンジケーキを使った、リサイクルケーキの作り方をご紹介します(^^)

私のお店でも、このリサイクルケーキをたまに出しているのですが、

その時に使うスポンジケーキは、失敗したものを使うのではなくて、毎日少しずつ出るスポンジケーキの切れ端を貯めておいて作ります。

その切れ端を使って作るリサイクルケーキの名前は…

アップルシナモンタルトと言います!

あなたが、りんごとシナモン好きなら、是非作り方を覚えてくださいね(^^)

では、作り方を紹介していきます。

<4号セルクル1台分に使う材料>

失敗したスポンジケーキ190g位、りんごのシロップ煮100g、卵黄1個、生クリーム50g〜60g(生地の固さ調整のために幅をもたせてます。)シナモンパウダー2g、バター25g、タルト生地適宜。

1、タルト型を作る

まず、あなたがいつも作っているタルト生地を、4号セルクルの底に敷き、セルクル内側にもバターを塗って貼り付けて、冷蔵庫で冷やしておいてください。(動画参照)

2、りんごのシロップ煮を作る

①小ぶりのりんごの皮をむき、縦1/4に切り分け芯をとり、1cmのイチョウ切りにします。

②鍋に水150ccと砂糖45gを一煮立ちさせ、イチョウ切りしたりんごを入れ、弱火で5〜10分程煮て(シャキシャキした歯ごたえを残す)シロップごと冷ましておく。

3、シナモン生地を練る

スポンジケーキ190gのうちの140g、卵黄1個、シナモンパウダー2g.生クリームのまずは50gを入れ、全体がシナモン色になるまでよく練る。

よく練れたらりんごのシロップ煮を入れ、生地とりんごが馴染むまで混ぜる。

この時生地が固く、りんごと馴染みづらい様なら残りの生クリームを入れて生地を柔らかくして、馴染ませる。

りんごと生地が馴染んだら、4号タルト型に隙間が出来ない様にシナモン生地を入れる。

4、表面にまぶすクランブル生地を作る

25gのバターをボールに入れ、湯煎で溶かしたら残りのスポンジケーキ50gを入れ、バターと良く混ぜてそぼろ状にする。

5、じっくり焼いて完成

4号タルト型のシナモン生地の上に、4で作ったクランブル生地を隙間なくかぶせ、160°cのオーブンで1時間じっくり焼いて完成です!

いかがでしたでしょうか?

これでもうスポンジがうまくいかないことがあっても困りませんね!

アップルシナモンタルト、見た目は素朴ですが本当に美味しいんですよ!

ぜひ一度作ってみてください^^

 

今回のブログの内容やその他お菓子作りに関する質問がある方はLINEに友だち追加していただき、そちらからメッセージをください^^

ブログの更新情報などもお知らせしております!

【田口守お菓子教室公式LINE】

友だち追加はコチラから
友だち追加

 

無料Ebook:基本のお菓子レシピ集