父の日にプレゼントしたい甘くないお菓子?フランス生まれのケーキサレ(お食事ケーキ)の作り方

こんにちは、自宅で学べるお菓子教室の田口です(^^)

今日は、もうすぐ父の日ということで、甘いものが苦手なお父さんの為にケーキサレ(お食事ケーキ)を作ってみてはいかが?というお話です。

ケーキサレとは?簡単に言うと、塩味のケーキです!

作り方は、冷蔵庫に余った野菜、ベーコンやソーセージなどがあれば一緒にオリーブオイルで炒めて、香辛料、スパイス、塩、胡椒で味を調えてベースの生地に混ぜ合わせて、型に流しオーブンで焼います。

余ったものを使っているとはいえ、とっても美味しいし、見た目もオシャレ!しかも使っている油脂はオリーブオイルなので身体にもとっても優しいのです(^^)

私的にはこのフランス生まれのケーキサレ、日本でいうところのお好み焼きみたいなものなんじゃないかなぁ〜と思っています。

というのも、私が小さい頃、月末になると良くお好み焼きが晩ご飯の食卓に出てきました!

今思うと、母親が父親の給料日までの繋ぎに、冷蔵庫の中にあるちょっと余った食材をかき集めて、お好み焼きのベース生地に入れて、作ってくれていたのではないかなぁ〜と思ってます。(懐かしい家庭の味の思い出です)

なので、私はお好み焼きのことをエコノミー焼き(節約焼き)と言っています(^^)

おやじギャグはスルーしてください^_^;

 

フランス生まれのケーキサレがこんな風に作られたものとは思えませんが、ベース生地にお好きな具を入れて焼くところは、お好み焼きにそっくりですよねー(^^)

フランスでも家庭ごとにそれぞれの味があると思いますので、あなたも家庭の味を作り上げてくださいね(^^)

 

それでは、本題に戻ります!

このブログに辿り着いたということは、もうすぐ父の日だけど、何をあげようと悩んでいるのではないですか?

そしてあなたの旦那さん、もしくはお父さん、さらにはおじいちゃんは『甘いものが苦手』なのではないでしょうか?

ケーキサレは、ワインやビールが大好きで『甘いものが苦手』な方にとっても喜んでいただけるので、手作りしてプレゼントしてみてはいかがでしょう!とってもエコノミーですしね(^^)!

それでは、うちの店で出している、ケーキサレのベースの生地の配合をお伝えします!

材料:たて20cm×よこ8cm×高さ4cm一台分

  • 全卵Lサイズ1個
  • 卵黄1個
  • オリーブオイル30g
  • アンチョビーソース1g
  • バジルソース20g
  • 薄力粉40g
  • ベーキングパウダー2g
  • 一味唐辛子適宜
  • ブラックペッパー1g
  • パルメザンチーズ2g〜お好み量。(うちはアンチョビーソースを入れるので、塩は入れずに作ります。)

中に入れる具は、 冷蔵庫と相談してください(^^)

ベース生地の作り方:

①ボウルに全卵、卵黄、オリーブオイル、アンチョビーソース(市販)バジルソース(市販)を入れてよく混ぜておく。

②別ボウルにふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れ、そこへ一味唐辛子、ブラックペッパー、パルメザンチーズを入れて人差し指でくるくるして、薄力粉と馴染ませておく。

③②に①を入れてダマが出来ない様に良く混ぜる。これでベース生地は出来あがりです!

④お好みの具をオリーブオイルで炒めて粗熱をとり、ベース生地に入れ紙を敷いた型に流して170°cのオーブンで20〜30分焼きます。(焼き時間はあくまでも目安です)

焼き上がりが分からない時は、竹串を刺してみて生地がつかなくなったらOKです(^^)

ベース生地にお好みの具を入れて焼く!ホントお好み焼みたいですよね(^^)アレンジが効くのであなた好みの味にしてみても楽しいですね!

是非、父の日にワインやビールと一緒にプレゼントしてみてください!

きっと喜んでくれると思いますよ(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事についてや、その他お菓子作りに関する質問がある方はLINEに友だち追加していただき、どうぞお気軽にそちらからメッセージをください^^

ブログの更新情報などもお知らせしております!

【自宅で学べるお菓子教室公式LINE】

友だち追加はコチラから

 

友だち追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お家にいながらパティシエからお菓子作りが学べる*

「自宅で学べるお菓子教室オンライン講座」

詳しくはコチラから↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/735mf

無料Ebook:基本のお菓子レシピ集