お家で簡単に作れちゃう、本場イタリアのカルボナーラはいかが?

こんにちは、自宅で学べるお菓子教室の先生田口です(^^)

今週のお菓子教室では……なぜかカルボナーラの教室でした!カルボナーラってどんなお菓子だっけ?と思った方もいるのではないでしょうか?^_^;

カルボナーラってお菓子の名前じゃない?

そうです、カルボナーラは生クリームを使って作るパスタですよね(^^)

実は私、パティシエになる前(25年前)はイタリアンレストランでコックさんをしていたんですよ(^^)

そんな昔をお菓子教室の生徒さん達に話したら、『今度パスタの教室もやってください』という声が上がったので、今回はお菓子教室でカルボナーラを作ったという訳です(^^)

私がコックさんをしていた頃に作っていたカルボナーラは、クリームに生クリームを使っていたのですが、本場イタリアのカルボナーラって、生クリームを使わないで作るって、あなたは知ってましたか?

本場のカルボナーラはとってもシンプルで、卵黄とパルミジャーノレッジャーノ(パルメザンチーズ)塩、黒胡椒で作るんですよ!(他にも色々な作り方はあると思いますけどね)

で、今回はこの本場のカルボナーラをご披露してきました。

とっても簡単なんで、お家で作ってみてくださいね(^^)

作り方

①厚切りベーコン(あればパンチェッタ)を長さ3cmの1cn角に切り、テフロンフライパンに油をひかずに入れ、弱火で表面がカリカリになるまでじっくりと焼く

②ベーコンがカリカリになり油が出てきたら、薄切り玉ねぎを加えてベーコンの油で炒める。

③玉ねぎがよく炒まったらボウルに移し、パスタを茹ではじめる。

④パスタを茹でながら、ベーコン、玉ねぎが入ったボウルに卵黄2個、パルメザンチーズ20gを入れ、塩と黒胡椒をお好みで入れ箸で混ぜておく。

⑤パスタが茹で上がったらザルにあける。この時茹で汁を少し取っておく。

⑥湯切りをしたパスタを④のボウルに入れて箸でよく混ぜる。パスタの余熱で卵黄に火が入りトロミが出てくる。この時パスタと卵黄の絡みが悪かったら、取っておいた茹で汁でクリームに潤いゆ与えてあげる。

⑦全体がクリーミーに混ざり合ったら、お皿に盛り付け完成です(^^)

とっても簡単で美味しいので、是非試してみてくださいね(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お家にいながらパティシエからお菓子作りが学べる*

「自宅で学べるお菓子教室オンライン講座」

詳しくはコチラから↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/735mf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログの更新情報などを配信!

公式LINE@友だち追加はコチラから

 

友だち追加

無料Ebook:基本のお菓子レシピ集